佞言断つべし


佞言断つべし。

「佞言断つべし」というのは、漫画に出てくるセリフなんですが
意味としては、甘言なども含めて、自分を惑わすような言葉は
断つべし、耳を傾けるな。という意味なんですが
その意味もまぁそうなんですけども、ちょっと違ったことで
佞言断つべしと思ったこと。
基本的にデスクワークなんですよ。パソコンを使った。
インターネットも自由に使えます。仕事でメールのやり取りなんか
しますからね。
で、まじめに仕事もしてるんですけど、ちょいちょい
ネット見てるんです。もちろん変なサイトとか見ませんし
ゲームとかしてるわけじゃないんですよ。
ニュースサイトとか見てるわけですけど、これがねぇ
客観的にみたら、めちゃくちゃ時間を食ってるんです。
自分の中ではちょっとだけ気休め、休憩のつもりで
見てるだけで仕事そのものは真面目にやってるつもりなんです。
でもね、ある日ふと、ネットした時間をちょっとメモって
みたんです。冷静にその日を振り返った。そしたら
まぁビックリですよ、ネットの時間もまぁ多いですけど
その周辺を含めるとそーとー無駄なことしてるんです。
極端に表現するとネットを触る前後が全然集中してない。
ネットが気になるなー休みたいなーみたいな気分になって
ネットを見る十分前くらいから集中力が欠けてる。
で、数分ネットを見る。
ネットを見終わった後も十分くらいそれをひきずって
集中してない。
そんな自分に気が付いたんです。
しかもさらに冷静に思い返してみると、ホントにシャレに
ならないくらい忙しい時って全然ネットしてないんですね。
それでも別になんとかなっているという。
そこで思ったわけです。「佞言断つべし」と。
佞言つまりネット断つべしと。
そんな決心してる端から、ちょっとだけだよ。差し障りのない
範囲だけだからとさぼってるのでした。






Copyright © 2014 ちょっとしたことがおもしろいことになる All Rights Reserved.